Dryer+
HOME BLOG

ドライヤーは風量1.3m3/分を選べ?

ドライヤーは風量1.3m3/分を選べ?

ドライヤーは1.3m3/分を選べ?

よく考えると変だと思いませんか?

市場に1.5m3/分以上のドライヤーがゴロゴロあって、
なんなら1.9m3/分以上もいくつもあるのに、

なぜに1.3m3/分を選べと言われるのか。

今回はその辺のお話です。

風量値が上がれば、風力が強くなる?

TESCOM TID2500 風力試験

よくある間違いなんですが

風量=風力じゃないです。

確かに指針にはなるんです、でも絶対ではありません。
わかりやすい所で2つの比較対象を。

コイズミ モンスター
風量 2.0m3/分
風力 14.3 m/秒


テスコム TID2500
風量 2.2m3/分
風力 10.1 m/秒

スペックだけ見るなら、テスコムTID2500の方が上ですね。
実際に使うとよ~くわかるんですが、話にならないくらい差があります。

風量=風力だったらこんな事は起きません。
風量が多いと風力も強くなる傾向はありますが、絶対じゃないです。

風量値が同じでも風力が違う事はよくある

同じ1.3m3/分のドライヤーだとしても、送風口の大きさ次第でも変わりますし
内部の作りでも風力は変わります。


ナノケア EH-NA99
風量 1.3m3/分
風力 12.6m/秒


イオニティ EH-NE28
風量 1.3m3/分
風力 9.7m/秒

この2つ、風量は同じ1.3m3/分です。

と、同じカタログスペックでも、風力が違う事はままあります。
数値にして約3.0m/秒の差。
(動画だと微妙にわかりにいんですが、風の強さはかなり違います)

ちなみに、タイトルにもある1.3m3/分以上を選べって言われてるのは、
間違いなくナノケアが1.3m3/分だからです。

1.5m3/分以上にしましょうとか言ったら、ナノケア売りにくくなっちゃいますからね。
完全なる売り手側の都合です。
(割と良い基準ですけど)

じゃあ何を基準にすればいいのか

これに対しての答えは

風量を基準にする

・・・・・・・・。

 _,,_  パーン
( ・д・)
 ⊂彡☆))Д´)

言ってる事めちゃくちゃじゃねぇかと思うでしょうけど、
風力の指針ってここでしか計れないんです。

既に言いましたが、絶対ではありません。
同じ数値でも全然違ったりしますし、逆に風量数値が上でも風力では負けたりもします。

なんですが、じゃあ風量1.9m3/分が1.1m3/分に負けるか?
と言うと、それはまず起きません。

実際に計測した風力もトップ10はナノケア以外、全部1.7m3/分以上だったので
1.7m3/分辺りを目安にすると、滅多にショボいのには当たらないと思います。
(TID2500みたいにノズルのサイズによる例外もありますが)
調査済みドライヤー風力ランキング

可能でしたら量販店に行って実際に使ってみる。

これが一番だと思います。
うちも失敗が起きにくいように、風力動画を撮っていますが一番は実際に試してみること。

よく言われている1.3m3/分は機種によって幅が大きいので、
大風力が欲しい場合、もっと上の物を選んで大丈夫です。

目的で選ぶ

風力ランキング
目的別おすすめドライヤー
温度で選ぶ
海外対応ドライヤー一覧
よくあるドライヤー選びの間違い
比較表