Dryer+
HOME BLOG

海外対応のおすすめドライヤー

海外対応のおすすめドライヤー

SHARP IB-HD16

コンパクトさを重視するか、風力+機能を重視するか。
どちらを重視するかで思いっきり変わります。

あと、4泊5日とかの短期なのか、一か月とかの長期なのか。
短期なら貧弱風力でも我慢できると思いますが、長期だと貧弱なのはストレスでしょうし。

海外対応のは6機種買って調べましたが、海外対応のコンパクト重視モデルはポンコツ風力が確定するので
どれを選んでも大きくは変わりません。
海外対応のドライヤー一覧
海外でドライヤーを使う際の注意点

…てな訳で、今回は風力が比較的ある機種を。

で、どれがおすすめ?

・シャープ IB-HD16

・パナソニック EH-NA58/59

この2つ。
大前提として、海外対応で物凄い風力のモデルはありません。
大風力って言うならテスコムのTID8Jは?
と思った方、良く調べています。

TID8Jも購入調査済みですが、思ったほど大風力じゃ…
実をいうと、風力に関しては上の二つとそこまで差がありません。
強いは強いんですが、音もデカいし、サイズもデカいしでそこまでお勧めはしません。

スペック比較

シャープ IB-HD16 パナ EH-NA59
SHARP IB-HD16 パナソニック ナノケア EH-NA59
価格

¥ 8,194

¥ 11,380

風力 9.7 m/秒 9.6 m/秒
温度 61.1℃ 65.9℃
うるささ 83.0db 76.3db
速乾速度 80g⇒74g 80g⇒72g
重さ 505g 545g
サイズ 183×182×78 210×192×80

かなり似てます。

音の大きさくらいですね。
風力はほぼ同じ、ターボ時の温度も近い。
ナノケアの方が圧倒的に静かですが、コンパクトなのはIB-HD16。

あとはナノケアか、プラズマクラスターかの違いくらいですね。

シャープ IB-HD16


風力 9.7 m/秒。

上の方で絡まってしまっていて微妙に弱く見えますね…すいません。
ナノケアもですがAC240V使用時、これよりパワーが上がります。

シンプル機種なので、あまり説明する所もないんですが。
温度は比較的ぬるめ、音は静音性に優れる訳でも無く、平均的な音の大きさです。

あとは物凄い小さい訳でもないですが、かなりコンパクトなモデル。
海外対応でのコンパクトが売りのEH5202Pと比べても

シャープ IB-HD16・・・高さ183×幅182×奥行78

パナ EH5202P・・・高さ193×幅178×奥行82

実はそんなに差が無いという。
まぁ軽さで圧倒的に負けますが。(155g差)
機能に関してもシンプルで、ナノケアと同じですが

冷風(弱)のコールド。

温風(弱)のセット。

温風(強)のターボ。

の3つ。
冷風時のターボがありませんので、そこは注意が必要。

海外対応ドライヤーは冷風すらないのが多いので、むしろ付いてるだけ有難いんですが。

ナノケア EH-NA59


風力 9.6 m/秒

テスコムTID8jを挙げなかったかという理由は、

テスコムTID8J
風力 10.0 m/秒

実は、そんなに風力差がありません。
(出てる風の量は流石にありますが。その分サイズも大きいです。)
確かに風量はありますし、TID8jは冷風時のターボがあるので利点もありますが、
押しのける程のメリットではないと思うので、除外しています。

NA59の特徴としては(先代NA58もほぼ同じです)
温度は平均的な熱さ、特徴的なのが静音性ですね。

音がとにかく静かなドライヤーです。
ただ、コンパクト性が弱い。
割と普通のドライヤーの大きさしてます。

風力段階もシャープと同じく

冷風(弱)のコールド。

温風(弱)のセット。

温風(強)のターボ。

この3つ。
こちらも冷風時ターボはありません。

で、どっちがおすすめ?

パナソニック ナノケア EH-NA59

安さと持ち運びやすさで選ぶならIB-HD16。

静音性で選ぶのなら、ナノケアNA58/59。

とは言え、かなり似ている機種です。
静かさはナノケアが上ですが

それで価格2倍近くの差の価値ある?

と言われたら。。。
うん、無いね。

スペックとしてはナノケアの方が上ですが、
音を気にしなければ、シャープのIB-HD16でいいと思います。
いかんせん価格差がありますので。

最後に

正直、かなり悩んだ項目です。
何よりコンパクト重視、であればコイズミKDD0017の方がいいと思いますし、
冷風のターボが無いと絶対嫌、という場合だとテスコムTID8Jの方が向いています。

シャープのIB-HD16も単発の海外旅行で一回しか使わないなら高いだろうし…
本当にここは時と場合によります。

評価もつけていますが、あくまで全体スペックを見ての俯瞰的な評価ですし、
使う人次第で評価が変わるというのはよーくわかっとります。

なので、今回挙げた二機種は
ストレスなく乾かせるくらい風力がちゃんとあって、機能も優秀。
いわゆる「海外でも使える良いドライヤー」という2つです。

ただ、一つ言える事は

コンパクト過ぎるのは確実に風力が弱い。

という事。
コンパクトかつ超大風力ってのはありませんでした。

量販店でクレイツのED801Wも使いましたし、

他の海外対応のも風力を確認しましたが、まぁ~弱かったです。

そういう意味でも、今回挙げた2機種は間違ってないかな~と思います。
NA58/59は高いから、最終的にはIB-HD16でいいかなという結論です。
ちなみにナノケアはNA58、新機種NA59でスペック変わってません。
どっちにすればいいか迷うと思いますが、安い方で大丈夫です。

これだけ海外対応ドライヤーを買って調べてる人間もそうそういないと思うので、
参考にしてみてください。

目的で選ぶ

風力ランキング
目的別おすすめドライヤー
温度で選ぶ
海外対応ドライヤー一覧
よくあるドライヤー選びの間違い
比較表