Dryer+
HOME BLOG

リュミエリーナの効果をちょっとだけ検証

リュミエリーナの効果をちょっとだけ検証

リュミエリーナの使用後の「艶」検証

なんだかリュミエリーナの検索ワードで来て頂く事が増えたみたいなので、
前からやりたかった検証を少しだけ。

リュミエリーナを使うと物凄い艶が!
みたいなアレです。

なので今回は実際使ってどうなるのかというお話です。

実際に毛髪を使った使用前後の艶感

検証前毛束

実際に速乾試験にも使ってる毛束です。
こいつに頑張ってもらいましょう。

これを
リュミエリーナ ドライヤー検証
一度洗ってから、リュミエリーナで乾かしていきましょう。

リュミエリーナ使用後

完了。

おお~。良い艶感、そしてまとまり!
まぁこれをパターンAとしましょうかね。

ではでは、この毛束をもう一度洗って、
別の比較、パターンBを乾かしていきます。
使用するドライヤーはまだ内緒。

リュミエリーナ 冷風乾燥後

パターンBでの乾燥後がこんな感じ。
Aと比べると、まとまりも無いし、うねりも見えるし、艶も見えないですね。
なるほどなるほど…

まぁ…勘の良い方はお気づきでしょうけど

どっちもリュミエリーナで乾かしてます。

バレバレですかねw
ちなみに、パターンAは温風+冷風を駆使して、クシでしっかり梳きながら
艶+まとまるようにちゃんと乾かしました。

対するパターンBは冷風のみで適当に乾かしただけ

まぁ…要は、熱を与えてちゃんと乾かしたか、冷風だけで乾かしたかの違い。
これだけです。

リュミエリーナは温度が高いので、
他のと比べて「艶+まとまり」を作りやすいのは間違いないですけどね。

まとめ

リュミエリーナを使って艶が出る!まとまる!という事自体は嘘ではないです。
しっかり使えば艶も出るし、良くまとまります。

温風温度が高いからね!

全てはこれで片付いちゃうんですよ。
コテあてるとストレートになって艶が出るのと同じです。

確かに、嘘じゃないです。
でも専売特許でも無ければ、リュミエリーナにしか出来ない訳では全く無い。

温度が高けりゃどれでもできます。
一応、私物の三年以上前の古いドライヤー、ナノケアNA96で乾かすと
ナノケア乾燥後
こんな感じ。

これも結構温度が出ますので、この程度の艶とまとまりは余裕で出せます。
別にNOBBYだろうと、TESCOMだろうと、最大温度が高ければなんでも可能です。
やりやすさが変わるだけ。

そんなこんなで、艶とまとまり検証でした。
熱と乾かし方で似たような結果は出せる、というのが実証出来てとりあえず一安心。

更に突っ込んだ検証で、レーザー顕微鏡で継続使用のダメージ観察してみてももいいんですけど…
同条件・同一毛髪で30回以上は使用して、経過観察しなきゃならないと思うので
そんな事する元気は今後も無いと思いますw

よくあるリュミエリーナの使用前後の艶感は

温度が高くて、ちゃんと乾かして、艶が出てまとまるように乾かしてるだけ。

というお話でした。

目的で選ぶ

風力ランキング
目的別おすすめドライヤー
温度で選ぶ
海外対応ドライヤー一覧
よくあるドライヤー選びの間違い
比較表