Dryer+
HOME BLOG

結局1番良いドライヤーってどれ?

結局1番良いドライヤーってどれ?

で、結局どれが一番いいの?

そんだけ調べた側として、お前だったらどれ買うの?という話です。

パナソニック ナノケアEH-NA98
シャープ IB-GP9

この2択。
う、うわわわわ、結局大企業メーカーのなんの面白みもないやつー!

なんでこの2つ?という疑問は当然あると思いますが
風力の強さ・スペックの良さは当然として、機能。それだけの理由です。
あとやっぱり大企業の方が信頼できますし(小声)

安いドライヤーと何が違う?

パナソニック EH-NA98
よく安いと風力が違うだの、性能が違うだの言われてますが、

安くて、風力強くて、優秀なのは普通にあります。

え?いやいや、じゃあ安いので良くね?
と言われると思いますが、まさしくこだわりが無ければ安いので十分です(笑)

まぁ、うちのサイトに来てくれている方は、少なからずドライヤー選びで悩んでいるハズですので、
総合的に見て一番良いドライヤーというか、
「一番使って満足してもらえるであろう機種ってどれだろ?」と考えるとこの二択になっちゃうだけです。
(シャープは出せる温度が低いので、好みは分かれますが)

で、その理由として
「機能」「作りの良さ」
この2つがデカいです。

安いドライヤーは作りが粗いというか、安っぽさはどうしても出てしまうんですが、
当前ですが、この2つは相当しっかり作られています。
この辺は耐久にも影響する部分なので、結構大切。

機能とスペックに関しては、実際に数値を。
風力・温度・騒音・速乾の4つは実機からデータを取っています。

IB-GP9・NA98スペック比較

シャープ IB‐GP9 パナ EH-NA98
シャープ IB-GP9 パナソニック EH-NA98
価格

¥ 9,980

¥ 19,224

風力 11.4 m/秒 12.0 m/秒
最大温度 56.0℃ 94.9℃
騒音レベル 85.4db 83.3db
速乾速度 80g⇒67g 80g⇒67g
重さ 590g 575g
風力切り替え ターボ(強)
ドライ(中)
セット(弱)
ターボ(強)
ドライ(中)
セット(弱)
温度切り替え HOT(高)
WARM(中)
SCALP(低)
COLD(冷風)
温風・冷風交互
HOT(高)
CALP(低)
COLD(冷風)
室温に応じ、温度変化
温風・冷風交互

この2機種にある珍しい機能として

「温風温度自体を変えられる」・「温風・冷風が交互に出るモード」

この2つ。
特に温度が変えられるのは、温度の失敗が起きにくくなるので便利。

ぶっちゃけますと、スペック的にはナノケアのが上です。
この2つ、機能はとても似ていてシャープは温度がぬるく、音がうるさめ、その分安い。
だったんですが、新機種のNA99が出たのでNA98も安くなってるんですよねぇ…。

NA99とNA98のドライヤー一覧表でご確認ください。
あんまり変わってないので安い方、値段差がわずかならNA99でOKです。

風力・うるささ比較


シャープ IB-GP9
風力 11.4m/秒
風量 1.7m3/分
騒音レベル 85.4db


ナノケア EH-NA98
風力 12.0m/秒
風量 1.3m3/分
騒音レベル 83.3db

どちらも風力は強力な機種。
口コミで大風力と言われているテスコムTD121と比べると

風力 9.2m/秒

これくらい差が出ます。
風力…いわゆる風の当たる強さはナノケアが上、風の量はシャープが上。
ナノケアは風量1.3m3/分なので、弱そうとか思われがちですが、かなり風力あります。

とは言え、実際に使うと量自体が多いので、シャープの方が風の強さは感じます。
まぁ、どっちも強いので風力に関しては心配いりません。

結局どっちがいいのよ

出せる温度幅に差があるので

熱いのが好き・・・ナノケア
熱く無いのが好き・・・シャープ

という選び方で大丈夫です。
機能とかは似ていますので。

極論、デザインが好きな方・その時安く買える方で選んでも構いません。
シャープは最大温度がぬるく、ちょっと音がするのでそこだけ注意、という話です。

最後に

当然の事ですが、無理して買う必要はどこにもありません。

長く使うものだし、とりあえず一番いいドライヤー教えろ。
という方は、本当に買ってよかったと思って頂けるであろう2機種です。
総合スペックでこの2機種以上ってなると、ダイソンくらいしか…。

口コミでもかなり評価が高いので、心配無いかと。
もし購入しましたら大切に使ってあげてください。

目的で選ぶ

風力ランキング
目的別おすすめドライヤー
温度で選ぶ
海外対応ドライヤー一覧
よくあるドライヤー選びの間違い
比較表