Dryer+
HOME TOPICS

パナソニック ナノケア EH-NA59 使用した評価と口コミ

パナソニック ナノケア EH-NA59 使用した評価と口コミ

パナソニック EH-NA59 ナノケア シルバー

パナソニック EH-NA59 ナノケア ピンクゴールド

パナソニック EH-NA59 ナノケア 寸法

パナソニック EH-NA59 ナノケア 本体画像

パナソニック EH-NA59 ナノケア シルバー パナソニック EH-NA59 ナノケア ピンクゴールド パナソニック EH-NA59 ナノケア 寸法 パナソニック EH-NA59 ナノケア 本体画像

メーカー パナソニック


 

¥ 11,380

おすすめ度
 ※4.5

※海外対応ドライヤーでの評価

風力

熱さ

速乾速度

音の静かさ

 

 

 

 

※購入調査済み 現在

 

楽天で最安値を調べる

 

Amazonで最安値を調べる

 

パナソニック ナノケアEH-NA59 調査データ

パナソニック ナノケア EH-NA59

10cm地点での風力数値

ナノケア EH-NA59 風力試験

風力 9.6 m/秒 

ナノケア EH-NA59 騒音試験

静音性 76.3db 

ナノケア EH-NA59 温度試験

熱さ 65.9℃ 

ナノケア EH-NA59 速乾試験

速乾試験

ナノケア EH-NA59 速乾試験結果

速乾 40%減 

測定はこちらの手順で行っています。

パナソニック ナノケア EH-NA59 商品スペック

最大風量 温度 消費電力 電源 寸法 イオン 折り畳み 重さ カラー 海外対応
1.2 m3/分 約80℃ 1000W AC100~120V/200~240V 210×192×80 545g ピンクゴールド・シルバー

使用した口コミ

パナソニック ナノケア EH-NA59

海外対応の中で最もバランスのいいモデル

国内でしか使わない場合、確実にお金の無駄遣いになりますので、注意が必要な機種。
勘違いされやすい機種ですが、NA99の廉価版ではなく、海外対応版の機種なのでスペックは別物です。

あくまで海外での使用を想定してのレビューです。

風力 9.6m/秒。
国内の使用数値になりますので、海外(AC120・240V時)だとこれよりパワーが上がります。
(国内時1.2 m3/分。海外時1.4 m3/分。)

2割弱の風量上昇なので、そこを考慮すると海外対応ドライヤーでトップクラスの風力。

国内限定機種も含めるとそこまで強い機種ではないんですが…
比べる相手が「海外対応」のドライヤーになった途端、優秀な風力を持つドライヤーになります。

音が非常に静か

ナノケア EH-NA59 騒音試験
騒音レベル 76.3db。
音がうるさい方が好きなのにな~という方はいないと思うので、大きなメリットですね。

の中での静かさ。

まぁ、海外使用時だとパワーが上がるので、
この数値よりは上がってしまうでしょうけど、劇的にうるさくなる事もないかと。
口コミを見ても音がうるせーとは言われてないので心配なさそうです。

機能はシンプル

パナソニック ナノケア EH-NA59
ナノケア搭載、という点を除けば機能はシンプルです。
温風時のセット・ターボと、弱めの風力の冷風のみ。

正直、ここは物足りないと思ってます。
風力3段階・それぞれクール切り替えボタンくらいは欲しかった所。

先代NA58との違い

パナソニック ドライヤー EH-NA58
ハッキリ言っちゃいますが

変わってません。

新 EH-NA59 旧 EH-NA58
パナソニック ナノケア EH-NA59 パナソニック ドライヤー EH-NA58
風力 9.6 m/秒 9.7 m/秒
最大温度 65.9℃ 67.6℃
騒音レベル 76.3db 77.0db
速乾速度 80g⇒72g 80g⇒72g
重さ 545g 545g

機能面も追加はなさそうですので、カラーチェンジのみだと思います。
ですので、NA59とNBA58のどっちを買うべきか?という話なんですが

安い方で。

まとめ

ナノケアNA59 まとめ

○ 海外対応ドライヤーの中ではトップクラスの風力

○ 音が静か

□ 温風温度は普通くらい

□ 冷風機能はあり、ターボの冷風が無し。

× サイズは普通のドライヤーサイズ

この機種の注意点として

海外でも使うなら◎

日本でしか使わないなら絶対に×

ここは断言しますが、日本のみの使用だと無駄遣いになっちゃいます。

これより安いNA29とスペックが同じ、という理由もありますが
ナノケア最上位機種NA99…の先代機種NA98と大きく価格が変わらないんですよ
新しいのが出たため、下手するとこれより安い時も多々あります。
先代だろうと、最上位とのスペックの差は半端じゃないです。

簡単な話、
「国内でしか使えないドライヤー」も含めると、見劣りする機種ですが、
「海外でも使えるドライヤー」だと最高峰のドライヤーになってます。

なので、海外でも使う人のみ購入候補に入れてください。

海外対応の中で風力はトップクラス、音が静かで、
冷風機能がカットされてる物も多い中、しっかりついている。
(ターボの冷風はあってほしい所ですが)

デメリットとしては、サイズによる持ち運びの問題。
多少コンパクトですが、普通のドライヤーとほぼ変わりません。

風力は大きく勝つんですが、コンパクト・軽量タイプと比べると、持ち運びの利便性で劣る。
といった感じですかね。
残念ながら両立している物がないので、風力・機能を取るか、持ち運びやすさを取るか、の2択になります。

なので、サイズは多少大きくても優秀なドライヤーを持っていきたい、
とにかくドライヤーでストレス感じたくない、という方向けという感じですね。

日本でも海外でもどっちでも使うという場合でしたらベストです。
海外対応ドライヤーはコンパクト重視で、風力が異常に弱いのが多いので。

価格的にショボくてどーすんだって話ですけども。

予算が厳しいという方は、少し風力は落ちますが、
シャープのIB‐HD16がおすすめ。

楽天で最安値を調べる Amazonで最安値を調べる

類似商品と比較

※現在の商品

型番 パナソニック EH-NA59 シャープ IB-HD16 パナソニック EH-NA99
価格

¥ 11,380

¥ 8,194

¥ 15,859

風力 9.6 m/秒 9.7 m/秒 12.6 m/秒
速乾速度 80g⇒72g 80g⇒74g 80g⇒67g
熱さ 65.9℃ 61.1℃ 89.3℃
騒音 76.3db 83.0db 79.8db
重さ 545g 505g 575g

目的別で選ぶ

風力ランキング
目的別おすすめドライヤー
温度で選ぶ
海外対応ドライヤー
よくあるドライヤー選びの間違い
一覧表